アンドレーア・パッラーディオ [Link]Andrea Palladio


オーラの泉のゲストが宮本亜門さんでした。
パッラーディオの話がでたのでメモしとこ。
テアトロ・オリンピコ、見に行きたいな。
 > 1556年、ヴィチェンツァの貴族と知識人は、文化活動の拠点としてアカデミア・オリンピコを設立し、
 > パッラーディオは、1580年初旬に恒久的劇場として
 > テアトロ・オリンピコ (teatro olimpico)を設計したが、その年の夏に死去した。
 > パッラーディオはルネサンスとバロックの中間のマニエリスムの建築家とみなされている。
 > バロック特有の動的形態は見られないが、
 > ルネサンスのように古代ギリシア・ローマの古典形式を忠実に再現することを目的としてもいない。
 > 古典建築の形態要素である柱・アーチ・エディキュラなどを自由自在に組み合わせ、
 > 独創的な建築を設計した。「パラディアン・モチーフ」と呼ばれた、
 > アーチと柱を組み合わせた開口部の手法や、
 > 教会のファサードをジャイアント・オーダーと呼ばれる大柱と小柱を並列させ、
 > ペディメントと組み合わせて中央部を強調する手法や、
 > 普通の住宅にペディメントを取り付ける手法などは後世に影響を残した。
参考:
ローマ歴史地区 I(イタリア/バチカン) [Link]
ティヴォリのヴィッラ・アドリアーナ (イタリア) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です