まるいちきゅうのまるいちにち



ELP 地球回廊つながりでwaternavyの紹介。

まるいちきゅうのまるいちにち [Link]

 編集:安野光雅
 絵:エリック・カール/レイモンド・ブリッグス/ニコライ・ポポフ/林明子
 ジァン・カルビ/レオ&ダイアン・ディロン/朱成梁/ロン・ブルックス
 > ある年の1月1日、ロンドンのグリニッジ標準時0時にあわせて始まります。
 > 見開きの場面が8つに分けられ、アメリカは左頁上、
 > 12月31日の夜6時。子どもがテレビを観ています。日本は右頁の上。
 > 1月1日の午前9時。お正月の朝です。絵は林明子さん。
 > お母さんが女の子の髪にリボンを付けています。これから羽根つきに行くのです。
 > 12時/女の子は外で羽根つきをしています。
 > 猫も一緒。3時/犬が羽をくわえていってしまい女の子は泣きます。
 > 6時/雪が降ってきました。猫の皿には魚が一匹。
 > 夜の9時/猫は帰ってきません。夜中の12時/猫はまだです。
 > 夜明けの3時/猫が羽をくわえて帰ってきました。
 > びしょぬれです。朝の6時/猫はぐっすりねむっています。
 > 皿の魚は骨だけになっています。
 > 林さんは3時間ごとの8つの場面で、犬にとられた羽を、猫がとり返してくるというお話を作り、
 > 絵本にしました。残り7人の絵描きさんも、みなそれぞれに8場面の絵を描きました。
 > 地球の上では、時間がそれぞれにちがいますが、
 > たくさんの国で、たくさんの子どもたちが同時に生活しているのです。地球はひとつ。
 > 安野さんが呼びかける平和へのメッセージが国際共同出版という形で美しく実りました。
参考:新訳・星の王子さま [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です