おいしそうなデザイン



おいしそうついでにメモ。
昔から食品サンプルが気になるのです。
お店の前にならんだおいしそうなサンプル。ああいうのつくってみたい。
以下のサイトから動画で、 “クレープ”“天ぷら”“ソーダ”
のサンプル制作の過程がみられます(Windows Media Player)
 > 食品サンプル(しょくひん – )はビニールやプラスチックなどで作られる、
 > 様々な食品、料理を模した模型。飲食店の店頭にディスプレイされ、
 > 客はそれをみてどれを注文するかの参考にする。
 > かつては蝋で作られていたが、直射日光に弱いため樹脂に取って替わられた。
 > 1930年代、教材として使われていた蝋製の食品模型をヒントに、
 > 食品サンプルを専門に生産する会社が大阪に創立されたものが起源とされる。
 > これは日本独特の文化で、アジアのごく一部を除き他国には見られない。
 > 日本に初めてやってきた外国人はたいていその精巧な作りに仰天すると言う。
 > 外国人観光客に人気の浅草寺に程近い合羽橋は、
 > 飲食店向けの各種器具を取り扱う問屋が立ち並んでいるが、
 > 寿司や天ぷらの食品サンプルが人気商品になっている。
 > Wikipedia 食品サンプルより
参考:
サンプルの作り方 (有限会社ながお食研) [Link]
食品サンプル (Wikipedia) [Link]
郡上市 (Wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です