うだつ [Link]Wikipedia


というわけで美濃市の名物、うだつのある町並みをメモ。
ご存知の通り、「うだつがあがらない」の語源になってる建築様式です。

 > うだつ(卯建)は、屋根のついた小さい壁で、
 > 1階屋根と2階屋根の間に張り出すように設けられているもの。
 > 本来、町屋が隣り合い連続して建てられている場合に、
 > 隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものだが、
 > 後には装飾的な意味に重きが置かれるようになり、
 > 自分の財力をアピールする為の指標として
 > 関西地方を中心に商家の屋根上には互いに競って立派な卯建がつけられた。
 > 江戸時代中期頃に造られるようになったという。
 > 設置するにはそれなりに費用も要し、
 > 比較的裕福な家に設けられることが多かったことから、
 > 慣用句として使われるうだつがあがらないの語源となっている。うだつがあがらないとは、
 > 仕事などで成果が出ず、先の見込みがない状態を言う。
 > ただしこの語源には諸説がある。
参考:
うだつが上がらない – 語源由来辞典 [Link]
うだつの上がる町並み 美濃市観光協会 [Link]
美馬市ホームページ うだつの町並み [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です