あの伝説的なWebマガジンPingMagがついに復刊!!


ついにこの日が来ました。
四国にも何かと縁のあるトム・ヴィンセントさん
プロデュースするWebマガジンPingMagが5年ぶりに復刊しました。おめでとうございます!

PingMag

私がPingMagを読んでいたのはロンドン留学中。
大学の友人に日本の文化や面白いものを紹介する時に
ここまでクオリティの高い記事を、しかもバイリンガルで配信しているサイトは他に知りません。

それが突然の休刊したときはショックだったのですが、
この度、5年の歳月を経てついに復刊するにいたったそうです。
個人的にこれはとても楽しみなニュース。

ということで記念に、過去のアーカイブから四国にまつわる記事をいくつかメモしておきます。

徳島県
芸術家たちの紙屋さん:アワガミ・ファクトリー

香川県

おかしなスイカ

宇川直宏:台風を生け捕った男

イサム・ノグチ展

愛媛県

風に織られるタオル:池内タオル

子供達を魅了する野菜のキャラクターたち

高知
子供達を魅了する野菜のキャラクターたち


皆さま、たいへんお待たせしました。5年間の長い休みを終えて、今日からPingMagが正式に復刊します!

5年間。その間に世界中でいろいろな出来事が起こりました。日本では、もちろん、2011年の大震災の影響で多くの人の人生が大きく変わり、「日本」そのものについて深く考える人もたくさん増えたのではないかと思います。

今後のピンマグでは、復興に向けた東北のほうから色々な面白い取り組みなどもご紹介できればと思っています。

そして、他にも色々な企画を準備しています。その1つとして、影響力のある、考え方の面白い日本人との長いインタビューシリーズを企画しています。第一回目は明日掲載される予定です。2回に渡って、元総理大臣、現在陶芸家や芸術家として活躍する細川護煕さんとのインタビューを掲載します。細川さんの話、なかなか面白いです!どうぞお楽しみに。

しかし、まずは古い歯車の錆を洗い落とし、なんとかPingMagを元通りにするのは、私たちの始めの仕事です。来週から色々な記事を更新し始めますが、とりあえずは右側にあるリンクを使って、過去1000本ほどのアーカイブを探ってみてはいかがでしょう。

Yes, dear and loyal PingMag readers, it’s true. After five long years of rest, PingMag is back, and raring to go!

Five years. A lot has happened over that time, and much has changed around the world. For Japan, of course, the 2011 tsunami has had an enormous impact on the lives of so many people, and also altered the way many people here think about their country, too.

We hope to be able to bring you updates about some of the exciting things happening in northeast Japan, as rebuilding and regeneration continues.

And we have all sorts of other exciting plans too to look forward to in the coming months. As one of them, we are planning a series of in-depth interviews with influential and interesting Japanese people, starting tomorrow with a two-part discussion with ex-prime minister-turned-potter and artist, Morihiro Hosokawa. So look forward to that!

But our first job is to clean the rusty old cogs, and get PingMag up and running smoothly again. We will be updating the site regularly from next week, but in the meantime you can click through all the links on the right of this page, and browse through around 1,000 old articles from the archives.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です