あしひきの、山の際(ま)照らす、桜花、この春雨に、散りゆかむかも


あしひきの、山の際(ま)照らす、桜花、この春雨に、散りゆかむかも – 万葉の想い

原文: 足日木之 山間照 櫻花 是春雨尓 散去鴨

作者: 不明

よみ: あしひきの、山の際(ま)照らす、桜花(さくらばな)、この春雨(はるさめ)に、散(ち)りゆかむかも

意味: 山間を照らすように咲いている桜の花がこの春の雨に散ってゆくのかなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です