あかり/光/アート展 [Link]汐留ミュージアム



さらにあかりの展覧会が汐留ミュージアム。
灯や提灯などの古灯具を中心に、
宮島達男など「あかり」や光を題材とした作家の現代美術作品も陳列する企画展
 日程:2007年12月08日 ~ 2008年02月24日
 時間:10:00~18:00
 休館:月曜休館(祝祭日は開館)、展示替期間、年末年始
 料金:一般 500円、大高生 300円、中小生 200円
 > 行灯(あんどん)や提灯(ちょうちん)、ねずみ短檠(たんけい)、
 > 座敷ランプなど、日本の文化が生み出した古灯火具のデザインや技巧は、
 > 現代人の我々にとっても大変新鮮な驚きに満ちています。
 > 本展では、奈良の安堵町歴史民俗資料館に所蔵されている
 > 辻本コレクションを中心に行灯やランプなどの照明具を展示し、
 > 併せて「あかり」や「ひかり」を題材とした美術作品も出品いたします。
 > いにしえの照明具のフォルムの美しさや手わざの素晴らしさに焦点を当て、
 > 人々があかりによせた思いを浮き彫りにしながら、
 > 美術館ならではの視点で多彩な日本のあかりの世界を紹介いたします。

参考:
松下電工 汐留ミュージアム 「あかり/光/アート展」 [Link]
あかり/光/アート展-江戸の照明具や現代アートで表現(新橋経済新聞) [Link]
イベント トークショー「江戸のあかり 今のあかり」 [Link]
汐留で「あかり/光/アート」展−江戸の照明具や現代アートで表現 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です