【妄想】 生レバーを禁止された社会を描いた作品 「華氏500」という作品。華氏500度(摂氏約260度)は肉が焼ける温度(未確認)


レイ・ブラッドベリの小説に「華氏451」という作品があります。
本の所持や読書が禁じられた、架空の社会を描いた作品で、
タイトルの華氏451度(摂氏約233度)は本が燃える温度です。

これになぞらえて、生レバーを禁止された社会を描いた作品
「華氏500」という作品を書いてはどうだろう。
華氏500度(摂氏約260度)は肉が焼ける温度(未確認)。

というただの妄想メモです。

華氏451度 – Wikipedia

本の所持や読書が禁じられた、架空の社会における人間模様を描いた作品。題名は(本の素材である)紙が燃え始める温度(華氏451度≒摂氏233度)を意味している。「現実に存在する情報統制や言論弾圧あるいは焚書の危険性を、フィクションを通して告発したもの」と評する者が多い。ただし、ブラッドベリ自身は『この作品で描いたのは国家の検閲ではなく、テレビによる文化の破壊』と2007年のインタビューで述べている。

華氏451 [DVD]
華氏451 [DVD]

posted with amazlet at 12.07.05
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2004-10-27)
売り上げランキング: 66246

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です