「アメリカ」と初めて表記した地図 1億円で落札



> 「アメリカ」との地名を初めて表記したとされる、
> 約500年前の世界地図が8日、
> ロンドンの競売商クリスティーズで、
> 48万ポンド(9,400万円)の値段で競り落とされた。
> クリスティーズへの手数料込みでは54万5,600ポンドとなる。

> 地図の大きさは、縦18cm、横34.4cm。落札者は不明。
> 「アメリカ」の地名は、新大陸と主張したイタリアの航海者
> アメリゴ・ベスプッチの名前からとったという。

> クリスティーズによると、地図は1507年にドイツの地理学者
> マルティン・ワルトゼーミュラーによって作成され、
> 初めて北米と南米の区別をつけ、太平洋を描いた。
> CNN [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です