ミシェル・ゴンドリーの見たTOKYO!<インテリア・デザイン> – Bong Joon-ho / Michel Gondry / Leos Carax

Posted on 8月 6, 2008 in 映像

TOKYO! [Link]
Bong Joon-ho / Michel Gondry / Leos Carax



 『TOKYO!<インテリア・デザイン>』
 監督&脚本:ミシェル・ゴンドリー Michel Gondry
 出演:藤谷文子 「式日」「クロスファイア」
 加瀬亮 「重力ピエロ」「東南角部屋二階の女」
 伊藤歩 「スワロウテイル」「遠くの空に消えた」
 大森南朋 「西の魔女が死んだ」「たとえ世界が終わっても」
 妻夫木聡 「パコと魔法の絵本」「感染列島」
 でんでん 「クライマーズ・ハイ」「雪に願うこと」 
 『TOKYO!<メルド>』
 監督&脚本:レオス・カラックス Leos Carax
 出演:ドゥニ・ラヴァン Denis Lavant
 ジャン=フランソワ・バルメール Jean Francois Balmer
 石橋蓮司 「20世紀少年」「花と蛇」「さくらん」
 北見敏之 「アフタースクール」「陰日向に咲く」
 嶋田久作 「百万円と苦虫女」「屋根裏の散歩者」
 『TOKYO!<シェイキング東京>』
 監督&脚本:ポン・ジュノ 봉준호
 出演:香川照之 「ザ・マジックアワー」「闘茶 tea fight」
 蒼井優 「人のセックスを笑うな」「クワイエットルームにようこそ」
 竹中直人 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「映画 クロサギ」
 荒川良々 「全然大丈夫」「鴨川ホルモー」「私は貝になりたい」
 山本浩司 「グーグーだって猫である」「それでもボクはやってない」
 松重豊 「しゃべれども しゃべれども」「クローズ ZERO」  
 > 都の調査によれば、昨年東京を訪れた外国人観光客は
 > 前年より10.9%増の533万人で、
 > 調査を開始した2004年から3年連続で増加しているそうだ。
 > しかし、外国からやって来る人たちには、
 > 私達が住む街・東京は一体どのように映っているのだろう?
 > 今月16日より、渋谷シネマライズで公開される3部作「Tokyo!」は、
 > 「ポンヌフの恋人」で世界に名を轟かせたレオス・カラックス、
 > カンヌ国際映画祭でも絶賛された韓国のポン・ジュノ、
 > そして我らがミシェル・ゴンドリーの3人の奇才が、
 > それぞれの視点から東京を舞台に描き上げたショートムービー。
 > 今日は、公開に先駆けて来日したミシェル・ゴンドリー監督と、
 > 原作と共同脚本を手がけたガブリエル・ベルさんの
 > ちょっと微笑ましい来日記者会見と合同インタビューの様子を皆さんにお届けしたい。
 > PingMag より
参考:
CINEMA TOPICS ONLINE|映画『TOKYO! (仮題)』ミシェル・ゴンドリー [Link]
映画/監督3人が描くそれぞれの『TOKYO!』ミシェル・ゴンドリー [Link]
Variety Japan | ミシェル・ゴンドリー自信「野心的な映画作りできた」 [Link]
ミシェル・ゴンドリー来日、映画『TOKYO!』を語る 写真8枚 [Link]
ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノが観た東京 [Link]
ミシェル・ゴンドリー監督にインタビュー!「無理矢理交渉して加瀬亮 [Link]
PingMag – ミシェル・ゴンドリーが見たTOKYO! [Link]

Leave a Reply