瀬戸内海歴史民俗資料館の展示が面白そう!「船主・網元の信仰」展。瀬戸内の島々で漁業を営む人たちの信仰について知ることができるそうです。

Posted on 9月 11, 2012 in イベント タグ:






瀬戸内海歴史民俗資料館 テーマ展 「船主・網元の信仰」

日程:2012年09月11日~12月28日
場所:瀬戸内海歴史民俗資料館 第3展示室南
時間:9時~17時
休館:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は原則として翌日)
料金:無料

備讃瀬戸は、大坂を目指す北前船などの廻船のほか、鯛網をはじめ、様々な漁業を営む船でにぎわっていました。海は常に危険と隣り合わせであると同時に、多くのめぐみをもたらしました。めぐみに感謝し、危険から身を守れるよう、船上では帆柱を立てる筒に船霊(フナダマ)を祀り、母屋には豪勢な神棚を設けました。さらに船主は、船絵馬や船の雛形(模型)を寺社に奉納して安全を祈願し、網元は恵比寿神やオオダマサン(網霊様)を祀り、大漁を祈願しました。
 今回の展示では、館蔵資料の中から船主・網元に関係する信仰資料を選んで公開します。

【主な展示資料】
粟島の船主「網屋」に伝わる幅3mにも及ぶ神棚、
粟島の伊勢屋庄八が伊勢神社に奉納した末福丸絵馬、
伊吹島の網元の家に伝わる木偶(でこ)人形 ヨベッサンとリョースケサン、
与島の網元の家に伝わる恵比寿神オイベッサン、
三豊市仁尾の網元の家に伝わる恵比寿神掛軸、
仁尾の網元の家に伝わる木偶人形リョースケサン、
男木島の網元の家に伝わる網霊様の木樽 オオダマサン(ミトダル)、
詫間町大浜の網元の家に伝わる網霊様の桐製の浮 オオダマサン(ミトアバ)、
「漁業繁栄」「漁猟潤沢」などを祈る金毘羅山等の木札(入替) ゴマフダ、
「網屋」に伝わる妙見山の曼荼羅本尊の厨子 妙見山本尊厨子
ほか


Leave a Reply