Produce : Shu Hagiwara
Graphic Design : Awatsuji Design













1300年の歴史を積み重ねてきた美濃の紙。日本でつくる紙には、その気候風土や生活習慣ならではの特徴があります。明治以降、近代化や工業化が進み、時の流れとともに美濃の紙は今なお進化を続けています。
かみみのプロジェクトは、伝統的な日本の紙の特徴を見つめながら、それだけにこだわることなく、現代の暮らしに合った紙の可能性を広げることをめざしています。岐阜県のメーカーと、暮らしを大切にするデザイナーがプロジェクトに参加し、美濃ならではの紙と、紙を活かした生活道具を提案していきます。
このたび、第一弾として3種15枚の紙をつくり、さらにその紙を素材にした身のまわりの道具を製作しました。実際に手に取って、その質感と使い心地をたしかめていただければ幸いです。

かみみの ~美濃から生まれた紙の道具~

Leave a Reply