【8/12金~14日】夜の牧野植物園 Night botanical garden of Makino

Posted on 7月 12, 2016 in あるく・みる・きく タグ:

高知県にいったらぜひとも足を運んでいただきたい場所、「牧野植物園」
高知出身の「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するために開かれた植物園です。
この牧野植物園のイベントのなかでもとりわけオススメなのが、夜の植物園。
夜に咲く花の多くは、昆虫の視覚ではなく嗅覚に
自分の存在を伝えるために強い芳香を放ちます。
そんな知られざる花の生態を、ツアーガイドやクイズによってわかりやすく体験できるのがこの夜の植物園企画です。

When you go to Kochi pref. of Shikoku, I strongly recommend to you the “Makino Botanical Garden”. The night tour is held every summer. It is very popular event. Night flowers have highly aroma to lure insects. The participants enjoy to smell intensely fragrant flowers at the night garden.


夜の植物園ガイドマップ

クイズに答えながら夜の植物園を歩きます。

夜に咲く花は、視覚ではなく嗅覚に花の存在を訴えかけるために香りが強い。

夜に咲く花がライトアップされていてひとつひとつ説明が用意されています。

イランイラン。香料として使われることで有名。

ユリ科、タマノカンザシ

ガイドツアーもあり、わかりやすく解説してくれます。

植物園のガイドさんの説明。わかりやすいので子ども連れでもオススメ。



月見草。メキシコ原産で江戸末期に日本に渡来した植物。

オニバスの花。


サボテンの花





夜咲き性熱帯スイレン。デリカティッシマ。115年ほどまえに原種の睡蓮とルブラを交配してつくった古い品種。



ライトアップが花の美しさを際立たせます。

朝顔、夕顔、夜顔





牧野植物園
住所:〒781-8125 高知県高知市五台山4200-6 [Google Maps]
電話:088-882-2601

Makino Botanical Garden
Address : 4200-6 Mt. Godaisan Kochi city, Kochi pref., Japan [Google Maps]
Tel : 088-882-2601

夜の植物園
日程:2016年8月12日(金)~8月14日(日) 
時間:17:00~21:00
※雨天決行ですが、台風など荒天の場合は中止とし順延はいたしません。
場所:牧野植物園 南園
17:00以降は正門(本館側)を閉鎖します。南門(温室側)よりご入園ください。
お知らせ:懐中電灯、うちわを持ってお越しください。
ナイトバス:JR高知駅から臨時駐車場を経由して牧野植物園南門まで、約30分おきに運行します。
費用:無料/入園料のみ

人と自然の関係を大切にした安らぎと憩いの空間
高知が生んだ「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、博士逝去の翌年、1958(昭和33)年4月に高知市の五台山に開園。起伏を活かした約6haの園地には、博士ゆかりの野生植物など約3,000種類が四季を彩り、自然の中で植物に出会う喜びを感じていただけます。収集植物の多くは採集地が明らかで、観賞や観察の対象のみならず「生きた標本」として植物研究に重要な情報をもたらしています。
1999(平成11)年には、園地面積を拡張し、植物に関する教育普及と研究の拠点となる「牧野富太郎記念館」を新設。園長に米国ニューヨーク植物園のアジア部長を務め、少年期から牧野博士の直弟子であった植物学者小山鐵夫博士を迎え、世界に認知される植物園を目指した国際的な活動を開始しました。研究活動では、2003(平成15)年に文部科学省の研究機関指定を受け、ミャンマー政府やソロモン諸島国、タイや中国の植物園などとの研究協力関係を樹立し、独自の海外学術調査を展開するほか、資源植物の探査研究の取り組みを活発に行っています。
さらに2008(平成20)年、南園に東洋の園芸植物を観賞いただける「50周年記念庭園」が誕生。2010(平成22)年には、温室がリニューアルしました。植物園の役割である保存・研究・教育普及・憩いの場のすべてを備えた総合植物園として歩み続けています。


Makino Botanical Garden -高知県立牧野植物園

Opened to the public in April 1958, the Makino Botanical Garden honors the remarkable achievements of local botanist Tomitaro Makino. Characterized by slopes and dells and with over 3,000 species of plants on display – many discovered or named by Dr. Makino himself – the 6 hectares of gardens offer color and interest throughout the year. In 1999, the grounds were significantly enlarged and the Museum of Plant and People was inaugurated,strengthening the Garden’s role in education. At the same time,Professor Dr. Tetsuo Koyama (former senior curator and director of Asian botany at the New York Botanical Garden and ex-pupil of Dr. Makino) joined the staff as Director, and the Garden has since raised its international status. The Makino Botanical Garden was recognized as a statutory research institute by the Ministry of Education, Culture and Science in 2003. It has been increasing its research portfolio by establishing bilateral agreements with institutions in Myanmar, the Solomon Islands, Thailand, China, USA, and Canada in order to undertake scientific research overseas and build on its knowledge of economic plants, amongst others. It celebrated its 50th Anniversary with the opening of the re-designed South Garden in 2008, and a new conservatory was opened in 2010. The Garden continues to develop as a centre for plant conservation, research, learning, and as a green oasis for the whole community.

Dr.Tomitaro Makino(1862~1957)
Tomitaro Makino was born in Sakawa, a rural village west of Kochi City, on 24th April 1862. His curiosity in the plant life about him soon developed into a devotion to botanic research, and at the age of 22 he moved to the capital to pursue his interest at Tokyo University. Three years later he launched the Botanical Magazine Tokyo, an esteemed journal still running today. An avid Đeld botanist, Makino collected some 400,000 botanical specimens and named over 1,500 new species and subspecies of plants during his life. In 1940, after his term as lecturer at Tokyo University, he published his Illustrated Flora of Japan, a reference work that remains indispensable to professional botanists and enthusiasts today. Travelling widely throughout Japan for his work, Makino became well known as much for his bright personality and his ability to communicate the wonder of the plant kingdom, as for his knowledge of the flora itself. In 1953 he was made an Honorary Citizen of Tokyo, and in 1957 he was posthumously awarded the Order of Culture.


Leave a Reply