京都・哲学の道、薪窯のレストラン「monk」

Posted on 5月 25, 2016 in , タグ:

料理人(ピザ職人)の今井義浩さんが魂込めてつくりあげたお店「monk」。毎日畑や市場から仕入れた食材を薪窯をつかったシンプルな料理を楽しむことができます。閑静な哲学の道沿いにあるお店の空間がもの凄くかっこいい。京都にいったらぜひ寄っていただきたいお店です。

The monk is a small restaurant located just along the philosophers path, a calm serene place located just near Ginkakuji in Kyoto. Simple food prepared by the primitive way of cooking around live “Fire”.


monkは薪窯をつかったコース料理を頂くことのできるレストランです。

美しい台所。画になります。
It was beautiful kitchen at monk, Kyoto

エンドウ豆のスープ

新玉ねぎのムース

アスパラガスとチーズ

野菜は京都大原の農家さんから直接購入しているそう。

鰹(かつお)の藁焼き


椎茸と新玉ねぎのピザ

鯖とエンドウ豆のピザ

デザート

閑静な哲学の道にひっそりとお店があります。

モンク
住所:京都府京都市左京区浄土寺下南田町147 [Google Maps]
時間:17:30~20:30 (L.O)
メニュー:その日に入った食材によるお任せでご用意しています。お任せ
5皿 ¥5,000 (税別)
7皿 ¥7,000 (税別)
定休:月曜
電話:075-748-1154
メール:restaurantmonk@gmail.com


京都、哲学の道にある小さなレストランです。
薪窯を使ったシンプルな料理。メインにはピザをご用意しています。
私は毎朝、食材を仕入れに畑や市場を回り、
柔らかく湿った土を踏み、その風を吸い込んでその日の厨房に立ちます。
そして近くや遠くの海や山からは、育てられた方の想いの結晶のような食材が託され、手元に届きます。
調理するのは、プリミティブな薪の火。
お店にお越し頂いて、その日その時を何よりも楽しく、美味しく過ごして頂く。
また、そこから春の畑を吹く風や、海辺に立った時の香り、秋の森の静けさ、
食べて頂く方のそんな風景に響き、少しでも心に残ることがあるとすれば、それに勝る喜びはありません。
今井 義浩

monk
We will prepare the best possible menu from ingredients sourced that day.
Tasting Menu
5 Courses for ¥5,000 (without tax)
7 Courses for ¥7,000 (without tax)
Address : 147 Jodojishimominamida-cho, Sakyo-ku, Kyoto, Japan 606-8404 [Google Maps]
Tel : 075-748-1154
Mail : restaurantmonk@gmail.com
Dinner : 17:30~20:30 (L.O)
Closed : Monday

monk is a small restaurant located just along the philosophers path, a calm serene place located just near Ginkakuji in Kyoto. Simple food prepared by the primitive way of cooking around live “Fire”. Our main dish is Pizza cooked inside our wood fired oven. Every morning I visit farms tucked in the mountains of Ohara and visit markets around Kyoto to collect and gather fresh ingredients. Breathing in the wind and I absorb the earths energies which I transport to the kitchen, the dishes, and our restaurant. With the offerings from the ground and sea from a far and near. Considering the thoughtfulness and patience of the farmers.
“Is it possible to express the beauty and the life of the vegetable;
to invoke such feelings as the sunlight, the moisture of the soil, the blowing of the wind?”
These are the questions I always ask myself when I make my dishes, in hopes that the wind blows in the hearts of those who eat it.
I hope by dining with us.
It evokes countless memories
of the gifts offered to us by mother nature.
And to leave a impression as if you were deep in the forests or in the blue ocean.
Sincerely,
Yoshihiro Imai


Leave a Reply