佐那河内村らしい風景

Posted on 8月 5, 2016 in あるく・みる・きく タグ: ,

今日は、朝一で四国食べる通信8月号を入稿、昼からは高松市役所の広報アドバイザー、夕方から佐那河内村にて村のPR映像に関する打ち合わせでした。村らしい風景ってなんだろうかと思いながら日々暮らしてます。写真は、村役場からみえる山の上の風力発電。上勝町との境界線でもあります。山上の大川原高原は標高およそ1000mで、夏でも涼しく、その気候をいかして肉牛の放牧がされていています。現在制作中の村の広報誌では、この牛の爪を切る、村の削蹄(さくてい)師さんの物語をお届予定です。

sanagochi
ushi sanagochi
panorama_sanagochi03

Leave a Reply