小豆島の常光寺にしか咲かない桜、「ジョウコウジザクラ」

Posted on 3月 19, 2013 in あるく・みる・きく, 写真 タグ: , , ,


瀬戸内海の小豆島の八番札所 常光寺(じょうこうじ)に咲いている桜、常光寺桜。
固有種とは言ってもはっきりしたことは分かっていません。


ソメイヨシノと寒桜を掛け合わせた品種とみられているものの、
10数年前、専門家に鑑定してもらったところ、品種が分からず「常光寺桜」と呼ばれるようになりました。
写真は2012年に撮影したものです。
ちなみに他にも小豆島の固有種には、「ショウドシマレンギョウ」「カンカケイニラ」があります。


DSC_0204.JPG

DSC_0206.JPG

DSC_0207.JPG

DSC_0208.JPG

DSC_0211.JPG

DSC_0210.JPG

DSC_0196.JPG

DSC_0194.JPG

DSC_0202.JPG

DSC_0198.JPG

DSC_0205.JPG

DSC_0212.JPG

DSC_0200.JPG

DSC_0216.JPG


大きな地図で見る


早咲きジョウコウジザクラ開花/小豆島・常光寺 – 四国新聞


香川県小豆島町苗羽の小豆島霊場8番札所・常光寺(大林実温住職)で、同寺だけで咲き、お遍路さんや地元住民らに「ジョウコウジザクラ」として親しまれている早咲きの桜が開花し、淡いピンク色の花が島霊場に春の訪れを告げている。

 ジョウコウジザクラは花形が大きく、ソメイヨシノに似ているが、品種は特定できていない。大林住職によると、今年は例年より5日ほど早い2月23日に開花を確認。今後の天候にもよるが、3月中旬までは楽しめる見通し。

 ジョウコウジザクラは40年ほど前には5、6本あったが、2本までに減ったため、貴重な桜の“子孫”を増やそうと、4年前から境内横の畑で幼木25本ほどを育て、今年3本が境内に植え替えられた。ほかに約10本が町内の福祉施設や個人宅などに植えられ、順調に育っているという。



盆栽:一才桜(信楽焼小鉢)
遊恵盆栽
売り上げランキング: 15282

Leave a Reply