文豪・夏目漱石が足繁く通い、小説坊っちゃんの中で「温泉だけは立派なものだ」と絶賛した日本三古湯のひとつ「道後温泉」。国の重要文化財、共同浴場番付西の横綱、近代化産業遺産

Posted on 5月 9, 2012 in 建築 タグ: , ,

お風呂に入りながら読める「坊っちゃん」なんてあるんですね。
松山に寄った際には、ふらりと立ち寄りたい温泉です。

DSC_0007.JPG

DSC_0010.JPG

DSC_0013.JPG

DSC_0014.JPG

DSC_0044.JPG

DSC_0048.JPG

DSC_0056.JPG

道後温泉本館 – Wikipedia

道後温泉本館(どうごおんせんほんかん)は、愛媛県松山市の道後温泉の中心にある温泉共同浴場。別名・愛称は坊っちゃん湯。
戦前に建築された歴史ある建物(近代和風建築)で、街のシンボル的存在であり、1994年に国の重要文化財(文化施設)として指定された。共同浴場番付において、東の湯田中温泉大湯と並び西の横綱に番付けされているほか、2009年3月、ミシュランガイド(観光地)日本編において2つ星に選定された。2009年、経済産業省の「近代化産業遺産」に認定。

「油屋」のモデル -Wikipedia

本館は宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったといわれている。油屋は、木造による重厚な重層構造の共同湯として描かれており、実際に、製作スタッフが道後温泉に逗留し、近代和風建築である本館のスケッチを行った記録もある。製作元も道後温泉本館がモデルであるとは明言していないものの、大いに参考にした場所として紹介している。ただし、同じようにモデルとなった建築物は各地にあるともいわれている。

道後温泉 – Wikipedia

道後温泉(どうごおんせん)は四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉である。日本三古湯の一といわれる。
その存在は古代から知られる。古名を「にきたつ」(煮える湯の津の意)といい、万葉集巻一に見える。なおかつてはこの周辺が温泉郡(湯郡)と呼ばれていたが、これはこの温泉にちなむ地名である。伊予国(いよのくに)という名前も湯国(ゆのくに)が転じたものという説がある。
夏目漱石の小説『坊つちやん』(1905年)にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地となっている。2007年8月に地域団体商標(地域ブランド)として認定された(申請者は道後温泉旅館協同組合)。

坊っちゃん (ぶんか社文庫)
夏目漱石
ぶんか社
売り上げランキング: 131640
坊ちゃん (お風呂で読む文庫  1)
夏目 漱石
フロンティアニセン
売り上げランキング: 310309

Leave a Reply