たまごの美味しいカフェ オーチョ – cafe ocho

Posted on 1月 24, 2014 in あるく・みる・きく タグ:

高知・香北町、アンパンマンミュージアムの近くに
なんとも雰囲気のある明治時代の古民家カフェがあります。
cafe ocho (オーチョ)は、オーナー自らが鶏を育てており、
たまごにこだわった、オムライスやプリンを頂けます。

The Cafe ocho is located at Kahoku town near Anpanman museum of Kochi pref., Japan. They are also a chicken farmer, and use fresh egg for the meals of cafe, rice omelet, pudding and so on.



この土地の土着的な瓦でしょうか。沖縄の瓦屋根を思わせる力強い屋根の古民家です。
明治時代の建物だ相です。


「ocho」とかいて「オーチョ」とよみます。スペイン語で数字の8の意味。



お店の入口。かわいいロゴです。



木の椅子や鉢植え、ジョウロも絵になります。



こちらがメニュー。たまごが美味しいので、
オムライスやプリンがオススメとのこと。



さっそく注文。ふわっふわのオムライスです!



こちらはキーマカレー。



改めて写真で見ていてもヨダレがでる、シズル感です。



サラダも美味しく頂きました。



店内の雰囲気も落ち着いていて素敵です。



アンティークの金具やランプシェードもいいですね。



居心地のいいお店です。



ギャラリーでは展示をしていました。雑貨の販売もしています。



メキシコ雑貨



一輪挿し。



食後のデザート。シフォンケーキもたまごが美味しいからふわふわです。



ホッとします。



こんなところにも数字の8がありました。



スプーン。






とても素敵なお店です。アンパンマンミュージアムにお寄りの際にはぜひ足を運んでみてください。



ocho 8 (オーチョ)

日程:月~土
時間:11:00~LO 16:00 (冬期は15:30)
定休:日曜・祝日(GWなどの連休は営業予定)
電話:0887-59-3759

オーチョの店主自らつくるこだわりたまご。
お店のメニューであるオムライスやプリンなど、全てのたまごを使ったお料理やデザートに使用しています。
おいしいたまごを食べてもらいたい、安心・安全なたまごを食べてもらいたいという気持ちと
どうしても動物が大好きという気持ち。なんといってもそれに尽きそうです。
大切に育てたニワトリのたまごのこと知っていただけたらうれしいです。

cafe ocho 8

Open : Monday – Saturday
Time : 11:00 – LO 16:00 (Winter -15:30)
Close : Sunday / Holyday
Tel : 0887-59-3759




大きな地図で見る

Leave a Reply