香川の雑煮は、白味噌にあん餅が入った「あん餅雑煮」 “Anmochi zoni”, local food of Kagawa pref.

Posted on 1月 1, 2015 in , タグ:

香川県の正月の味といえば、白味噌のあんもち雑煮。
文字通り、甘い白味噌に甘いあんこ餅が入っています。
ダシは讃岐うどんと同じいりこダシ、
具材は、地域や家によって異なり、
香川県産品の金時人参や、里芋や、青のりなどはいっています。

In Japan, we have rice-cake soup on New Year’s Day. Anmochi zoni, sweet rice-cake and white miso soup is Kagawa’s local food for new year. Mochi rice cake covered in red bean jam, sweet carrot, taros, green dried seaweed are in the white sweet miso soup.


エビスヤ
香川県高松市片原町2-2 [Google Maps]

なぜ、香川県であんもち雑煮が生まれたのでしょうか。
徳川吉宗が享保の改革で全国にサトウキビの栽培を奨励した際、
高松藩が白い高級砂糖である和三盆を特産品にしました。
そのほとんどは役人に収められていたのですが、お正月くらいは贅沢をしたいということで、
和三盆になる手前の「白下糖」を役人に見つからないように、
お雑煮の餅にくるんで食べたというのがあんもち雑煮のはじまりと言われています。



実は私は縁もゆかりもなく四国に移住してきたと思っていたのですが、
移住してしばらくしてから、実はそうではなかったことを知りました。
香川にきてあん餅雑煮を見たとき、
普通の人は違和感を感じるところを私はなんとなく自然に食べることができました。

その時、ふと京都の父の実家で子供の頃に食べた白味噌のお雑煮を思い出して両親に尋ねると、
祖母は昔、高松に住んでいたことがあるからその時の味なのかもねと教えてくれました。




その後、祖父のお墓参りの際、祖母に聞くと
なんといま私が住んでいる高松市花園町に住んでいたんだそうです。
ちなみに花園町の近くには、あんもち雑煮には欠かせない
白味噌をうっている味噌屋「中屋醸造所」さんがあります。



いま、こうして四国の魅力を発信するお仕事をさせて頂いているのは、
不思議な縁に惹きつけられてなのかもしれません。


香川県の西 観音寺には、あんもち雑煮うどん もあります。
本場かなくま餅 福田
香川県観音寺市流岡町1436-2 [Google Maps]



香川県の雑煮の分布
香川県教育委員会「香川県民俗地図」昭和51年
PDF – 讃岐のお正月にはこの一椀! 「あんもち雑煮」 – JA香川県

料理レシピ – さぬき味の歳時記(あんもち雑煮)香川県

■材料(5人分)
あん餅     5個
金時にんじん  80g
白みそ     100~130g
煮干しのだし汁 5カップ(もちの量により加減する)
青のり     少々
大根      50g
豆腐      1/3丁

■作り方
大根、金時にんじんは3mm位の輪切りにする。
煮干しでだしを取り、(1)を入れて煮る。
野菜が煮えたらもちを入れ、少し柔らかくなったら、白みそを汁で伸ばして入れる。
3cm角の1cmの厚さに切った豆腐を入れて一煮立ちする。
椀に盛り、さっとあぶった青のりをふる。


お雑煮100選―全国から集めた伝統の味
文化庁
女子栄養大学出版部
売り上げランキング: 512,919


和三盆・趣 / TOKUSHIMA COFFEE WORKS (徳島)

Leave a Reply