黒川紀章展 -機械の時代から生命の時代へ- [Link]国立新美術館

Posted on 1月 28, 2007 in メモ


同じく国立新美術館にて同時開催中。
展示を見ていたら元黒川事務所の和田さんに会いました。
展示の奥のスペースでは鈴木さんの”まばたきの木”がおいてありました。
木の中に大量の葉っぱを仕込んでおきました。
 日程:2007年01月21日(日)~03月19日(月)
 時間:10:00~18:00 (金曜は20時まで)
 場所:国立新美術館展示室 2C・2D
 料金:入場無料  *火曜日休館(1月23日は開館)
 > 国立新美術館の設計者である建築家・黒川紀章の主要作を回顧するとともに、
 > 現在取り組んでいる世界各国の最新プロジェクトを紹介し、
 > ユニークな模型や映像を使い現代建築・都市の将来を展望しようとするものです。
 > 黒川紀章はCIAM(近代建築国際会議)の崩壊以後、
 > 1959年に「機械の時代から生命の時代へ」の時代の転換を宣言し、
 > 1960年にはメタボリズムグループの運動に参加、以来約半世紀、
 > 一貫して生命の時代の建築・都市の研究、創造に挑戦してきました。
 > メタボリズム、共生、リサイクル、エコロジー、生態系、
 > 情報といった黒川紀章が1960年代から提起し続けているテーマは、
 > 現在世界が直面する大切なテーマとなっています。
参考:
KISHO KUROKAWA [Link]
黒川紀章 (Wikipedia) [Link]

Leave a Reply