高松市文化財課が発行している「むかしの高松」 – "Mukashi no Takamatsu (In ancient Takamtsu)"

Posted on 5月 14, 2013 in ニュース, 広告

高松市文化財課が発行している「むかしの高松」
香川県高松市の発掘調査結果がわかりやすく解説されています。
最新号 (2013年3月発行) は、古墳時代 高松平野にあった大集落「萩前・一本木 (はぎのまえ・いっぽんぎ) 遺跡」。
“Mukashi no Takamatsu (In ancient Takamtsu)” is published by cultural property unit of Takamatsu city. You can check the PDF files from the website. The latest issue is about an excavation of an old ruin of tumulus period at Takamatsu.

見た目は一見地味ですが、ネタの宝庫です。
皆さんの足元に潜む物語の数々。こういう冊子のデザインしてみたいです。
Although it looks nothing special, there are a lots of topics there. I really would like to design it.



むかしの高松 – 高松市










写真:弥生時代(約1800年前)のせとうち暮らしが畑の下から発見されました!高松市の「太田原高須西遺跡」より

Leave a Reply