解釈

Posted on 12月 25, 2006 in メモ


雑記。
湘南台にいくついでに鎌倉の教会によってみました。
僕は根が仏教なので、キリスト教のことがよくわからなくて、
「アーメン」というタイミングもよくわからなかったけど、
個人的な興味でたまに聖書や聖典を読んだりします。
そのたびに思うのは、仏教も神道もキリスト教もイスラムも
ひとつの自然現象の”解釈”なのかもしれないということ。
年末には、江原(江原啓之)さんのスペシャル番組がたくさん。
これだけテレビにでると、まがまがしいと批判も多いだろうけど、がんばってるなあ。
宗教や霊能に対して反感の多い日本において、
オーラの泉のような番組が受け入れられているのは、もともと日本人は欧米と違って、
神や死後の世界が「ある」か「ない」で分別するのではなくて、
「わからない」という選択肢を持ち合わせているからなのだと思います。
玉虫色な態度とよくネガティブにとらえられる日本人の特質ですが、僕は結構好きです。
芥川龍之介いわく、
釈迦もイエス・キリストも日本にくれば神の一人に過ぎない。
日本人が海外の思想を捻じ曲げて自分のものにする様子を「造りかへる力」と表現した。
見えない世界に思いを馳せる、
それは宗教観というよりも、自然現象に対する興味として
いつも心のどこかに転がっていることです。
 > 21世紀に生きる現代日本人の宗教観としては、
 > 部分的に宗教行事を通して活動をしている人を除けば、基本的には無関心であり、
 > 伝統として仏教神道の価値観や行事などは残っているものの、
 > 特に戦後世代では小社会の秩序を乱す存在として仏教以外の宗教徒に対する嫌悪感が強い。
 > 日本の宗教 (Wikipedia) より一部抜粋
参考:
宗教一覧 (Wikipedia) [Link]
神の一覧 (Wikipedia) [Link]

Leave a Reply