空中ノート Airy Notes 新宿御苑 ユビキタス環境モニタリング

Posted on 5月 14, 2006 in 都市・ランドスケープ

空中ノート Airy Notes [Link]
新宿御苑 ユビキタス環境モニタリング


最近は、徳田研究室と石川研究室の共同企画のお手伝い。
ユビキタス技術を使った環境モニタリングセンサーを
200個ほど新宿御苑に配置して、並木道、芝生、木陰、水辺、アスファルトなど
いくつか事前に設定したランドスケープモデルに応じて
温度や風や照度を一定期間、モニタリングします。
 新宿御苑100周年記念事業
 玉川上水復活に向けて
 日程:2006年6月3日
 時間:10:00~16:00
 場所:新宿御苑 100周年パビリオン他
 主催:環境省・新宿区・慶應義塾大学
 > 最先端のユビキタス環境技術を駆使しながら、
 > 御苑の水・緑のはたらきをわかりやすく、楽しく実感してもらいます。
 > 100周年パビリオン、散策路等御苑内各所にて。終日。
 > 環境の世紀といわれる21世紀、環境省と新宿区、
 > 市民が協同し、新宿の歴史的遺産の復活を目指し、検討を進めています。
 > まちの歴史的シンボルとしての社会的かつ文化的効果、
 > クールスポットなどの都市環境の改善効果が期待される事業です。
 > イベントは、この新宿区の街の財産である新宿御苑と玉川上水について、
 > ともに考える場とするものです。
それで僕はなにをやっているのかというと。
今回使用するセンサーは気温や照度などの微気候を観測するわけなので、
いわば小さな百葉箱が必要なのです。
それで、こういうものこういうものを50個ほどスタディし
直射日光の遮蔽、地熱からの断熱遮蔽、通気性、耐水性などを検討しております。
あとは暇をみつけてひたすら名前を考える。たぶん、“Airy Notes”になりそうです。
空中ノート、大気の記録、空気の音符。そんなかんじの名前です。
参考:
新宿御苑に玉川上水構想 (東京新聞) [Link]
新宿御苑100周年記念イベント [Link]
センサノードを用いた無意識的階級付け機構 (徳田研究室) [Link]

1 Comment

  1. 坂口祐の巻物 | sakana no makimono
    12/11/2006

    大規模に分散したセンサのネットワーク技術を開発 [Link]
    産業技術総合研究所

    産総研と芝浦工業大学工学部が共同で 温度・湿度センサなどから効率よく情報収集す…

    Reply

Leave a Reply