液体呼吸 liquid breathing [Link]Wikipedia

Posted on 7月 14, 2007 in メモ


水つながりで液体呼吸についてメモ。
エヴァンゲリオンのコックピットに注入されるLCL
ジェームズ・キャメロンのアビス(1989年)に登場する技術。
 > 液体呼吸(えきたいこきゅう、liquid breathing
 > または liquid ventilation)は呼吸の一形態である。
 > 通常空気中で呼吸する生物が空気ではなく酸素を多く含む
 > 液体(普通はパーフルオロカーボン類)中で行う呼吸を指す。医療行為に用いられ、
 > 将来は深海への潜水や宇宙旅行にも応用できる可能性があるとされる。
 > 「流体呼吸 (fluid breathing)」と呼ばれることもあるが、
 > 流体は液体と気体の両方を指すためこの語を用いるのは不適切である。
 > 後年、液体呼吸の技術は着実に改良され、進歩してきた。
 > 二酸化炭素の排出法の改善により実験動物の生存率は飛躍的に向上した。
 > 使用されるパーフルオロカーボンは 100 mL 中に 65 mL の酸素と
 > 228 mL の二酸化炭素を溶かすことができる。
 > 1990年代初頭に行われたこれらの実験は成功を収めている。
 > パーフルオロカーボン中でイヌは約2時間生存し、
 > 実験後も若干低酸素状態になるのが普通だが数日中に正常に戻る。
 > 解剖検査を行った場合の典型的な知見は軽い浮腫やいくらかの出血であり、
 > 初期の実験で見られた肺への損傷は明らかに改善されている。
参考:
海中開発と人間-crystalaqua.com- [Link]
液体呼吸は何故できるのでしょうか? – livedoor [Link]
CiNii – 急性肺損傷に対する液体呼吸剤(PFOB)の肺リモデリング効果 [Link]

Leave a Reply