油屋

Posted on 10月 9, 2005 in メモ


つづいて油屋を模写。
千と千尋の神隠し スタジオジブリ絵コンテ全集より。
 > この湯屋には八百万の神様達が日頃の疲れを癒しに全国各地から訪れる。
 > 経営者は湯婆婆で、従業員の多くはカエルやナメクジの化身である。
 > ただ、千尋の世話役を任されたリンは白狐の化身との噂も。
 > 建物の構造は多層に渡り、最下層には従業員の部屋とボイラー室が、
 > 中層には多数の湯船と湯釜、宴会場などのお客様を迎える為の施設が、
 > 最上層には湯婆婆の居住する住まいがある。
 > デザインは江戸東京たてもの園の子宝湯がモデルだとされているが、
 > 一見、道後温泉の湯屋の構造にも似た観がある。
 > さまざまな建築物を基にしてデザインされたものと思われる。
 > ちなみに薬湯の調合する場所は実在の旧家をモデルにしたもの。
 > モデルの旧家は子宝湯と同じく江戸東京たてもの園にて移築保存されている。
参考:
油屋(Wikipedia) [Link]
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート [Link] / 宮崎駿の雑想ノート [Link]

Leave a Reply