江戸の粋 [Link]佐々木忍

Posted on 10月 18, 2005 in メモ


同じくスパイラルでみた小物。
器の上に佇む小さな世界。
 > 大学で陶芸を学んでいる作家は、磁器を手彫りし、
 > 大変小さな作品を作っています。
 > 色は一切用いず白磁のみで、江戸時代の飛脚や職人といった庶民の暮らしぶり、
 > 生き生きした表情や動きなども巧みに表現しています。
 > 時代の大きなうねりの中で、最も活気づいた人間の暮らしがそこにあり、
 > 活力と夢にあふれていたのでは、と思いを馳せる
 > 江戸の時代の人情パノラマを是非ご高覧ください。

Leave a Reply