柳宗悦の家 [Link]初公開!美の思索の拠点

Posted on 5月 28, 2006 in メモ


駒場の東京大学の近くにある旧柳宗悦邸が一時開放されるらしい。
これは見に行かなきゃ!
 番組 :新日曜美術館 (NHK教育)
 日程 :2006年 5月28日(日)
 時間 :9:00~9:45 / 20:00~20:45
 > 今年の5月、東京駒場にある旧柳宗悦邸が、昭和36年の柳の死後、
 > 45年ぶりに生前の姿によみがえった。
 > この柳邸は、日本民藝館が創設された昭和10年ごろに、
 > 柳の設計によって建てられ、柳の民藝の思想や西洋趣味が随所に詰まった空間で、
 > 柳がのこした作品でもある。とりわけ柳がこだわり、
 > 魅力的な空間となっているのが、居間と書斎。
 > 居間には、柳の注文に応じて黒田辰秋が作ったイギリス式の大きなテーブル。
 > そして書物に溢れた書斎には出窓が設置され、
 > 柳愛用の机や椅子を柔らかい光が照らし出している。
 > また、最近柳最晩年の日誌が発見され、
 > 死の直前まで思索の探求や民芸品の収集を続けていた事など、
 > 人間柳の生身の姿が明らかになろうとしている。
 > 番組では、昨年の秋から開始された柳邸の工事の模様や
 > 腕利きの職人さんたちの修復にかけた熱い想いをあわせて紹介。
 > また、修復を終えたばかりの柳邸を訪ね、日本民藝館の主任学芸員、
 > 尾久彰三さんの案内を通じて、柳宗悦の生活空間の魅力やそのこだわりを浮き彫りし、
 > さらに柳の民藝の思想が、どのようにして生れ熟成されていったのか、その背景を探る。

Leave a Reply