日本の表現力 [Link]文化庁メディア芸術祭10周年企画展 国立新美術館

Posted on 1月 27, 2007 in メモ


さらにその足で20:00までやっていてくれた国立新美術館へいく。
オープニング展示ということもあって、ものすごい力のいれようだ。
ちなみに、美術館の前庭には二・二六事件ゆかりの
旧歩兵第三連隊兵舎が一部分保存されています。
驚くのはそのコンテンツ量。
江戸時代の幻灯機から、漫画やアニメやゲーム
そしてインタラクティブアートが一同に勢ぞろい。
椅子とヘッドフォンがあれば丸一日時間をつぶせる内容。
僕は根付・妖怪人間・パトレイバーの前にかじりついてました。
いままでここで「いいな」と思って紹介した作品など、
どうしても忙しい皆さんには実物をみていただけないこともありましたが、
この展示でその多くを網羅しておりますので、チェックは必須です。
この展示は、アートやデザイン関係の人はもちろん、
そうじゃない人でも十分楽しめますし、見るべき展示だとおもいます。


 日程:2007年01月21日~2007年02月04日
 時間:10:00~18:00まで *金曜日は20:00まで
 休館:火曜 祝日又は休日に当たる火曜日は開館し、翌日休館
 場所:国立新美術館 (乃木坂駅6出口より直結)
 料金:無料
 1) 日本のメディア芸術1950-2006
 2) 表現の源流
 3) 未来への可能性
 > 新しい表現領域であるメディア芸術の振興を目的とした「文化庁メディア芸術祭」。
 > 1997年の開催から今年で10年目を数えます。
 > 文化庁とCG-ARTS協会は10周年を記念した企画展『日本の表現力』を開催します。
 > デジタルアートからゲーム、ロボット、アニメ、マンガにまで広がる「日本のメディア芸術を」、
 > 現在・過去・未来の3つの視点から『日本の表現力』をテーマにそのパワーの源を紹介します。
参考:
六本木に「国立新美術館」がオープン-波打つガラス建築 (六本木経済新聞) [Link]
ファミ通.com:『スーパーマリオ』も『FFVII』も! ”日本の表現力展”が開催 [Link]
日本のメディア芸術100選 特別インタビュー 井上雄彦 [Link]
『日本の表現力』楽しんで (東京新聞) [Link]
国立新美術館 プレスリリース (PDF) [Link]
国立新美術館 (Wikipedia) [Link]

1 Comment

  1. 坂口祐の巻物 | sakana no makimono
    02/01/2007

    streetscape [Link]
    仲居伊織

    デジスタやICCなど結構いろんなところで展示されているので、 みたことがある人…

    Reply

Leave a Reply