堀尾幸男さんの 舞台美術 – ほぼ日刊イトイ新聞

Posted on 8月 1, 2008 in 舞台・演劇

堀尾幸男さんの 舞台美術 [Link]
ほぼ日刊イトイ新聞




この舞台美術すごいなぁと思っていた仕事が
全部同じ人の仕事だったとは。感服いたしました。
ほんとどの世界にもすごい人っているもんだな。
そんな、舞台美術家の堀尾幸男さんの
日刊イトイ新聞インタビュー記事をふみさんに教えていただいたのでメモ。
志の輔らくごの黄色い舞台やママさんコーラス。
朧の森に棲む鬼の滝。
中島みゆきさんの舞台のテーマは武士道。
ベルトルト・ブレヒト。
野田さんの見立て・メタモルフォーゼ。
壁の高さが7メートルの部屋。
王冠を見立てる 『マクベス』(野田秀樹)の模型。
足跡をダンボールで表現 『透明人間の蒸気(ゆげ)』(野田秀樹)。
糸車と舟の舵 『さまよえるオランダ人』
ブレヒト幕 『決闘!高田馬場』(三谷幸喜) と 『罪と罰』(野田秀樹)
 立川志の輔 『志の輔らくごin PARCO』
 中島みゆき 『夜会 Vol.1~Vol.10』
 三谷幸喜
 『バイ・マイセルフ』『12人の優しい日本人』『オケピ!』
 『バッド・ニュース☆グッド・タイミング』
 『決闘! 高田馬場』『なにわバタフライ』
 『コンフィダント・絆』『彦馬がゆく』
 『You Are The Top』『マトリョーシカ』
 『恐れを知らぬ川上音二郎一座』
 野田秀樹
 『真夏の夜の夢』『贋作・罪と罰』『ロープ』『The Bee』
 『キル』『ローリングストーン』『虎』
 『TABOO』『ライトアイ』『パンドラの鐘』
 『半神』『農業少女』『贋作・桜の森満開の下』
 『透明人間の蒸気』『オイル』『研辰の討たれ』
 『ねずみ小僧』『マクベス』
 劇団☆新感線
 『メタルマクベス』『吉原御免状』
 『SHIROH』『髑髏城の七人~アカドクロ』
 『髑髏城の七人~アオドクロ』
 『朧の森に棲む鬼』『花の紅天狗03』
 『野獣郎見参』『阿修羅城の瞳』『西遊記』『IZO』
 > 舞台を観るのは好きだけど、 舞台裏のことはあまりよくわからない‥‥。
 > お芝居好きな人のほとんどは、そういう感じですよね?
 > ぼくらもやはり、そのくちです。
 > 観客をまるでちがう世界へとつれていく、
 > あのセットは、どうやってつくられているのでしょう?
 > 舞台美術の第一人者・堀尾幸男さんに お話をうかがってきました。
 > 「詐欺師のような仕事ですよ」と堀尾さんは、
 > 穏やかに笑いながらそうおっしゃるのですが‥‥。
 > お芝居をあまり観ないという人にも、
 > ぜひ読んでいただきたいインタビューになりました。

 
 

参考:
ベルトルト・ブレヒト – Wikipedia [Link]
野田秀樹-野田地図 [Link]
asahi.com:野田秀樹氏「アイーダ」題材の歌舞伎演出 – 日刊スポーツ [Link]
ほぼ日刊イトイ新聞 -野田マップの稽古場の隅で。 [Link]
ほぼ日刊イトイ新聞 – 中島みゆきさん、おひさしぶり。 [Link]
ほぼ日刊イトイ新聞 – 続・はじめての落語。 立川志の輔ひとり会 [Link]
立川志の輔公式ウェブサイト しのすけコム / 志の輔らくご in PARCO 2008 [Link]
ほぼ日刊イトイ新聞 – 堀尾幸男さんの 舞台美術という仕事 [Link]
Variety Japan | FILM SEARCH – 堀尾幸男 [Link]
platea/プラテア | 『五右衛門ロック』美術は堀尾幸男さん [Link]
なるほど (舞台美術家・堀尾 幸男さん) – Job Job World [Link]

3 Comments

  1. へーま
    08/06/2008

    トラックバック有難うございました。綺麗な写真がたくさん掲載されているサイトもとても楽しく拝見しました。貴サイトの洗練ぶりの前ではお恥ずかしいのですが、ぜひご覧いただきたい映画について書きましたので、お暇の折にでもご覧いただけましたら幸甚です。

    Reply
  2. 登録ユーザー
    08/15/2008

    こちらこそ、ありがとうございます。
    映画や演劇のレビュー楽しみにしております。
    それではまた!

    Reply
  3. 魯祐の巻物 | yousakana no makimono
    08/15/2008

    枕闇 (まくらやみ) 劇団印象第10回公演 [Link]
    Makurayami, Indian Elephant 10th Stage

    というわけで、日本で舞台があります。 もちろん舞台美術をつくります。 前回の青…

    Reply

Leave a Reply