古地図で旅する横浜 – NHK 総合

Posted on 8月 19, 2006 in あるく・みる・きく

古地図で旅する横浜 [Link]
NHK 総合

元町商店街、煉瓦工場跡、外人墓地、234番館と
ちょうど先週、美術のメンバーで散歩した界隈を古地図で紹介していました。
1851年、ペリー来航の2年前に作られた古地図だそうです。
ブリキのおもちゃ博物館では、“A Taste of Honey” が流れていました。
 案内:林家たい平(落語家)
 旅人:高木美保、大桃美代子
 > 「タイムスリッパー」は、普通の旅行には飽き足らなくなっている
 > ニッポン人を意識した歴史紀行バラエティーです。今回の舞台は、横浜。
 > 山手や中華街を歩きながら、「タイムスリップ」を楽しみます。
 > タイムマシーンとなるのはこの港町が辿ってきた歴史を物語る古地図です。
 > 旅人の高木美保さんと大桃美代子さんは仲の良い友人。
 > 案内役の林家たい平さんが下すミッションを、古地図を手がかりに解いていきます。
 > 最初のミッションは、「中華街の道が周りに比べて斜めなのは、なぜ?」 一緒に渡されたのは、
 > 1851年、ペリー来航の2年前に作られた古地図。
 > 田んぼばかりが書かれた地図に二人は悪戦苦闘。ナゾは解けるのか…?
 > 開港して150年。時代の荒波に翻弄されながら新しいものを大胆に受け入れ、
 > 震災と空襲を越えて不死鳥のように甦ってきたこの街の魅力を、古地図を片手に体感します。
 > 最近「古地図」の出版が相次いでおり、静かなブームが起きつつあります。

Leave a Reply