今夜はスーパームーン!月が地球に大接近、14%大きく、明るさは30%増し!

Posted on 5月 5, 2012 in ニュース


Photo by psd

5月5日、今年もスーパームーンがやってくる! NASAが教えるスーパームーンの正しい眺め方 – ガジェット通信

月が地球に大接近する「スーパームーン現象」。今年はこのゴールデンウィーク期間中にやってくるようです。大きなお月様を眺められるまたとない機会、スーパームーン現象を安心してみんなに楽しんでほしいと、NASAがビデオメッセージを公開したようです。
ところで写真でみるスーパームーンって、いつもまあるい形をしていますよね。半月や三日月のスーパームーンはあるのでしょうか?
軌道が楕円形である月は、公転の途中で地球に近づくときと遠ざかるときとがあります。このページによると、地球に最接近した月のうち、満月か新月のものをスーパームーンと呼び、それ以外は呼ばないのだそう。しかも日本でスーパームーンが起こったのは、過去10年間でたったの3回。マイスピで1回、2回、3回とお届けしましたが、実は、かなりレアな出来事なのです。
 
今年のスーパームーンは通常の月より14%大きく見え、また明るさは30%も増すとのこと。スーパームーンが起こると、海の満ち潮が数cmほど高くなったりするようですが、天災を誘発したりということはありません。NASAは、スーパームーンと天災や犯罪との因果関係は認められないため、安心して、5月5日の晩の月を楽しんでほしいといいます。

Goddard’s Chief Scientist Talks About the ‘Supermoon’ Phenomenon – NASA

Dr. James Garvin, chief scientist at NASA’s Goddard Space Flight Center, answers your questions about the ‘supermoon’ phenomenon.

Question: What is the definition of a supermoon and why is it called that?

‘Supermoon’ is a situation when the moon is slightly closer to Earth in its orbit than on average, and this effect is most noticeable when it occurs at the same time as a full moon. So, the moon may seem bigger although the difference in its distance from Earth is only a few percent at such times.

It is called a supermoon because this is a very noticeable alignment that at first glance would seem to have an effect. The ‘super’ in supermoon is really just the appearance of being closer, but unless we were measuring the Earth-Moon distance by laser rangefinders (as we do to track the LRO [Lunar Reconnaissance Orbiter] spacecraft in low lunar orbit and to watch the Earth-Moon distance over years), there is really no difference. The supermoon really attests to the wonderful new wealth of data NASA’s LRO mission has returned for the Moon, making several key science questions about our nearest neighbor all the more important.

Vixen 天体望遠鏡 PORTAII A80Mf 39952
VIXEN (2008-07-25)
売り上げランキング: 6152

Leave a Reply