レイリー散乱

Posted on 12月 18, 2006 in メモ

レイリー散乱 [Link]
Wikipedia

 > レイリー散乱(レイリー卿ジョン・ウィリアム・ストラットにちなむ)は、
 > 光の波長よりも短い粒子による光の散乱である。透明な液体や固体中でも起きるが、
 > 典型的な現象は気体中の散乱であり、太陽光が大気で散乱されて、
 > 空が青くみえるのはレイリー散乱による。
 > 散乱の量は粒子の大きさと光の波長による。散乱係数は波長の4乗に反比例する。
 
 > これから波長の短い青は赤よりも多く散乱される。
 > 「夕焼け」・「朝焼け」については、太陽光はより大気中をより長く進むために青色は散乱し、
 > より散乱されない赤色が届くことによる。
 > 光の波長と同程度の粒子(散乱体)による光の散乱はミー散乱という。
 > 光学計測にも用いられ、特徴としては、信号強度が分子数密度に比例し、
 > 分光法より高強度であることが挙げられる。
 > トレーサとしては散乱断面積の大きい物質が用いられる。
参考:チンダル現象 (Wikipedia) [Link]

Leave a Reply