ベンチャー企業経営者・南場智子 [Link]NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

Posted on 3月 8, 2007 in 広告


2003年から玉ちゃんに誘われ、どこでも博物館(Ubiquitous Museum)という
携帯ナビゲーションサイトのコンテンツ制作に関わっています。
それなのに僕自身が携帯でインターネットというと、
路線検索か地図サービスくらいしか使わないので、
携帯で表現するということの限界と違和感を感じています。
GREEが携帯で明らかに高校生をターゲットにしたデザイン戦略をしている
いまの高校生世代にとって携帯SNSって一般化されてるんだな。
そう思うと、そういうフローのなかに僕らが考える携帯企画を
展開していくという戦略のほうが広がっていくかもしれない。
彼ら彼女らが大人になる頃にはどういうメディアの形態が想定できるのか、
考えておきたい。
あとは組織編制の話の中で、
チームの中で優秀な人材がいれば、周りはその人に頼りっぱなしになる
大黒柱だからこそ引っこ抜くことで、周囲の人間は力を発揮する、という話は面白かった。
 日程:2007年03月08日(木)
 時間:22:00~22:44
 再放送:2007年03月12日(月) 16:05~16:49
 > 今、若者の間で大人気の携帯サイトがある。
 > 仮想の街に集いユーザー同士が交流するというこのサイト、
 > 1日のページビューが2億を超えるという携帯でも最大級の化け物サイトである。
 > 仕掛人は、社員数200人というベンチャー企業の経営者・南場智子(44)。
 > 南場は去年暮れ、ウーマンオブザイヤーにも選ばれた。
 > 南場は、とにかく人材を大切にする。離職率の高い業界にもかかわらず
 > 南場の会社では、創業時のスタッフが今もほとんど残っている。
 > その信念は、「人は仕事でしか育たない」。
 > 常に社員の仕事に目を配り、あえて難しい仕事を任せる。
 > うまくいっている事業でもチームのエースを配置転換し、
 > 残りの社員のやる気に火をつける。
 > その度ごと南場は社員と直接話し、説得にあたる。
 > 創業8年目の今年、南場は、新規事業の開発に全力を注ぐことを決めた。
 > 全社員から企画を募り、新たなチームを編成、躍進をもくろむ。
 > 人材にこだわり、新たな地平に挑み続ける経営者・南場の仕事の流儀に迫る。
参考:
株式会社ディー・エヌ・エー [Link]
ディー・エヌ・エー社長 南場智子氏インタビュー GREEキャリア [Link]
ディー・エヌ・エー/南場氏/モテる社長の法則インタビュー/20works [Link]
平成の世にサムライを探して 南場智子 (hitachi-system) [Link]

Leave a Reply