ベルギーに日本伝統文化の発信拠点 [Link]NIKKEI NET 国際コラム

Posted on 4月 27, 2006 in メモ


ベルギーに日本美術館だそうです。
お客はいるのかな。
 > ベルギーの首都ブリュッセルに22日、
 > 日本の美術品や工芸品を専門的に展示する「日本美術館」がオープンした。
 > 約100年前に当時の国王レオポルド2世がガレージとして使う目的で建設した
 > 「馬屋」と呼ばれる建物を利用し、
 > 王立美術歴史博物館が所蔵する約1万2000点の日本の着物や浮世絵、
 > 日本刀などを展示していく。新たな美術館は日本の文化の象徴として
 > ベルギーで親しまれる五重塔に隣接しており、
 > 欧州に向けての日本の伝統文化の発信基地となりそうだ。
 > 省略
 > 新たにオープンする日本美術館では、
 > とくに江戸期を中心に日本の美術品や工芸品を欧州の人々に紹介する予定。
 > 王立美術歴史博物館によると、当時の色彩を損なわぬように保存してある浮世絵や
 > 数多くの陶磁器などが展示の目玉になるという。蒔絵(まきえ)や漆器、
 > 水墨画といった伝統的な工芸品だけでなく、
 > 打ち掛けなどの着物、鎧(よろい)、日本刀、家具なども展示。
 > 江戸期のコレクションに加え、平安時代に作られたとされる木彫りの観音像などもある。

Leave a Reply