【今日夕方放送】 愛媛県の小さな集落のちんどんを追った番組がFNSドキュメンタリー大賞を受賞。「ぼけやへん~素人ちんどん 人生のキセキ~」

Posted on 1月 29, 2012 in テレビ・ラジオ タグ:

愛媛県北宇和郡鬼北町にある
人口1000人あまりの小さな集落で活動する平均年齢70歳の
ちんどんクラブを追ったドキュメンタリーが、FNSドキュメンタリー大賞を受賞し、
今日の夕方放送されるそうです。
東日本大震災が被災地から遠く離れたこの小さな村に及ぼした影響とはなんなのでしょうか。

フジテレビ
日程:2012年1月29日(日)
時間:16:00~17:25






「第20回FNSドキュメンタリー大賞」大賞受賞作品
テレビ愛媛制作「ぼけやへん~素人ちんどん 人生のキセキ~」ほか一挙公開
『決定!第20回FNSドキュメンタリー大賞』放送

20回目を迎えたFNSドキュメンタリー大賞受賞作品紹介。大賞は「ぼけやへん〜素人ちんどん 人生のキセキ〜」(テレビ愛媛)。素人ちんどんグループの1年を追った作品。
今回は、FNSドキュメンタリー大賞20回目の記念番組として、俳優・歌手である中村雅俊が、番組のナビゲーターを務めます。
中村は、昨年3月11日に発生した東日本大震災で津波の被害を受けた宮城県牡鹿郡女川町の出身。 震災後、何度も女川を訪れ、ライブなど様々な支援活動を行っています。
高齢化、教育、そして震災…今年度のドキュメンタリー大賞の受賞作品のテーマは、いずれも今の日本を象徴するものとなりました。そして、それらは都会だけでなく「地方」でより大きな問題として顕在化しているともいえます。
昨年の震災をきっかけに、「故郷」や「地方」の大切さに気付いた人も多いといわれます。 番組では、震災をきっかけに故郷への思いをあらたにしたという中村が、女川の思い出の場所を訪ね、地元の人々と触れ合います。
そして、故郷への思い、若き日に描いた夢、そして震災後に日本が向かうべき姿を語る中で、それとリンクするかのように受賞作品を紹介していきます。

チンドンひとすじ70年 (岩波フォト絵本)
菊乃家 〆丸
岩波書店
売り上げランキング: 1040100

参考:
【フジテレビ】テレビ愛媛制作「ぼけやへん~素人ちんどん 人生のキセキ~」ほか一挙公開 – 毎日jp(毎日新聞)
FNSドキュメンタリー大賞 – フジテレビ
~ぼけやへん~::テレビ愛媛 アナウンサーブログ
決定!第20回FNSドキュメンタリー大賞 | 放送スケジュール | エンタ魂

Leave a Reply