キヤノンのデザイン戦略 [Link]視覚・触覚・聴覚を刺激するデザイン +D PC USER

Posted on 12月 15, 2006 in メモ


 > セミナーでは、キヤノン 総合デザインセンター コンシューマ商品デザイン部
 > 佐野博氏が壇上に立ち、総合デザインセンターの概要をはじめ、
 > 同社のフィルムカメラ/デジタルカメラやインクジェットプリンタの歴史を紹介。
 > 続いてセミナーのテーマである「3感を刺激するデザイン」について解説を行った。
 > 3感とは「視覚」「触覚」「聴覚」であり、視覚のデザインでは
 > 「らしさ」を重要視しなければならないと述べた。
 > この「らしさ」とは、カメラらしさであり、プリンタらしさであり、
 > 同様に車や自転車などにもあてはまるとした。
 > つまり、ユーザーが本質的に持っているイメージを踏み外さないのが肝要であり、
 > このイメージを外すといっときは話題を集めるものの、決してメインストリームにはならないという。
 > スライドでは子供のイラストを引き合いに出して、「子供にカメラを描かせても、
 > 誰もがカメラであることが分かる絵ができる。それだけ強い刷り込みがなされているわけであり、
 > デザイナーの自己主張を通すためにそれを外してはいけない」とし、
 > このような記号性を意識しつつも、新しい造形を大事にしていきたいと述べた。
 > +D PC USER より一部抜粋
参考:
PIXUSホームページ [Link]
キヤノン [Link]

Leave a Reply