カシミール効果

Posted on 12月 17, 2006 in メモ

カシミール効果 [Link]
Wikipedia

重要なのはここで言う「自然」というのは、「人口」の対比語ではないということです。
普通の人がイメージする、サバンナや森林や砂漠といった大自然に限らず、
私たちの日常生活の中に潜む小さな自然を記述していきたい。
最終的名表現の着陸地点が、
舞台美術であっても、絵画であっても、実験であっても、
「科学」と「芸術」という分離は必要ありません。
 > カシミール効果(-こうか)は、非常に小さい距離を隔てて設置された
 > 二枚の平面金属板が、真空中でたがいに引き合う現象。
 > 1948年、オランダのフィリップス研究所の物理学者の
 > ヘンドリック・カシミール( Hendrik BG Casimir )は、
 > 平行におかれた二つの無帯電状態の金属板の間に吸引力が働くことを予想した。
 > この力は、二面間の原子間距離の数倍というふうに、
 > 距離が極めて近い場合にのみ計測できる大きさである。この引力を「カシミール効果」と呼ぶ。
 > 板の間が狭いとその間に真空のエネルギーの小さな波長部分だけしか入り込めないため、
 > 外側から圧力を受けるために引力が発生する。
 > わかりやすく言うと、電子と反電子が対生成したとき、
 > その対生成したペアが電子双極子のようになるので、両側の金属板と電磁的に引き合うのである。
 > カシミール効果は1997年、ロスアラモス研究所の
 > ラモロー(Steve K. Lamoreaux)らによって、実験的に計測された。
 > Wikipedia より

Leave a Reply