やっかいな交渉をスムーズに進める秘訣は「一緒に食べながら話し合うこと」

Posted on 5月 7, 2014 in ニュース

スタンフォード大学の研究によると、
敵対する相手と食事をしながら交渉するとうまくいく確率がグンとあがることがわかったそうです。

四国食べる通信のコンセプトのひとつに「Taberu on Table」というのがあるのですが、
仲のいい家族や友人はもちろんのこと、
時には難航しそうな会議の場などで、カツオを分けあい同じテーブルで食事をしたら、
色んなことがうまくいくかもしれません!
会社の福利厚生などに「四国食べる通信」導入というのもいいかもしれないです。

やっかいな交渉をスムーズに進める秘訣は「一緒に食べながら話し合うこと」 : ライフハッカー

交渉の中で議論がヒートアップしたときには、その相手と目を合わせるのさえもほとんど不可能と思えるほどに、相手との距離を感じてしまうことがあります。しかし最近の研究で、交渉の際に敵対する人と一緒に食事をすると、コミュニケーションが少しスムーズになるということが明らかになりました。


Researchers: Does Breaking Bread Help Make a Negotiation a Success? | Stanford Graduate School of Business

Researchers: Does Breaking Bread Help Make a Negotiation a Success?
Deals over lunch may be tasty, but here’s why they’re not always smart.

People negotiating a deal commonly have a meal or two together. Sharing a meal seems a gesture of goodwill — after all, who’s going to fight in one sentence and then say, pass the sushi in the next? You might suppose, then, that negotiating while eating can only help bring good deals to fruition.

Not so fast. While such thinking propels the lunchtime scenes everywhere from the Four Seasons in New York City to Chateau Marmont in Los Angeles, new research from Stanford Graduate School of Business calls it into question.

Professor Margaret Neale and doctoral student Peter Belmi find that sharing food does help create more valuable deals in competitive negotiations. But in situations that are cooperative, such as when the two parties are friends, meal sharing reduces the overall value of the deal.




四国食べる通信




Leave a Reply