【演出:宮本亜門さん】 20世紀を代表する彫刻家で高松市牟礼町にアトリエを構えたイサム・ノグチさんの物語「ISAMU」 #香川

Posted on 1月 15, 2013 in ものづくり, イベント タグ: ,





瀬戸内国際芸術祭2013は演劇もお楽しみいただけます。


「ISAMU」プレ公演
日程:2013年1月24日(木)、25日(金)
時間:19時開演、18時30分開場
場所:サンポートホール高松
演出:宮本亜門さん



高松市創造都市推進局 – Facebook

1月24日(木)25日(金)に、サンポートホール高松で「ISAMU」を開催します。(両日19時開演、18時30分開場)
今回の公演は、瀬戸内国際芸術祭2013の関連企画として8月に本公演を実施する前の、プレ公演(演劇)となっており、作品の創作過程の一部を公開します。
ただいま、チケット好評発売中です。

また、終演後、宮本亜門によるアフタートークが両日開催決定しました!
演出家から語られる内容とは一体どの様なものでしょう。
公演もアフタートークもお見逃しなく!

まずは、宮本亜門さんのISAMUに対する熱い思い、そして舞台を彩るキャスト等を、財団情報誌Vol.36Vol.37でチェックしてみてください。
特に、イサムノグチの年表には、作品を読み解くヒントが隠れていますので要注意ですよ。



イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)
ドウス 昌代
講談社
売り上げランキング: 92,591


Leave a Reply