「東京ふしぎ水探検」 ~地下水が巨大都市を救う~ [Link]素敵な宇宙船地球号 テレビ朝日

Posted on 1月 14, 2007 in メモ


その裏番組で、東京の地下水特集。
思い起こせば中学生の頃から川を調べている。
地下水は見えないからあまり深く研究してないが、
実は見えないからこそ研究しなくてはいけないな。
って星の王子様がいってた気がする。
 番組:素敵な宇宙船地球号 テレビ朝日
 日程:2007年1月14日
 時間:23:00~23:30放送
 > 東京の地下には、実は、豊富な地下水が流れています。
 > それは多様な命をはぐくみ、日々の生活の中で、様々に活用されています。
 > 地下水の秘密をひも解きながら、東京を旅してみましょう。
 > 東京で、今、信じられない光景を目にすることがあります。
 > 高速道路の下の排水溝には、地下水が湧き出し、沢ガ二が棲み、
 > 新宿の大通りでは、井戸が住民の生活に使われています。
 > 東京にはなぜ、こんなに多くの地下水が流れているのでしょうか?
 > 秘密を解く鍵を握っているのが、東京の西部を流れる多摩川です。
 > 海面の低下で陸地になった大地の上を、古代の多摩川が移動して、
 > 川原の小石が一面に敷かれ、その上に、富士山などの火山灰が降り積もり、
 > 現在の台地ができあがりました。東京の地下水の正体は、
 > 雨水が台地にしみこみ、この小石の層の隙間を流れているものだといいます。
 > 加えて、東京の地下水の謎といえば、温泉。
 > 東京都は、200近い温泉を抱える知られざる温泉天国。
 > その特徴は、黒湯。お湯が真っ黒なのです。
 > これにも、東京の歴史が関係しています。
 > 何万年も前、東京が海の底だったときに積もった有機物の成分が、
 > 地下水の中に溶け出したのです。
 > さらに、地下水の意外な有効利用も進んでいます。
 > 1つは、地下水による川の浄化。東京駅の地下線路にしみ出た地下水を、
 > 汚染された川まで運んで導水しています。
 > もう一つは、温暖化の防止。一年を通して温度が一定なことを利用して、
 > 壁に通したり、窓に流したり、エアコンの冷媒に使ったりといった、
 > 「地下水の家」の実験も進んでいます。
 > 知られざる地下水の巨大都市・東京。その存在に気づけば、
 > 私たちの生活はもっと豊かになるはずです。
参考:
フォトギャラリー | 首都圏外郭放水路インフォメーション [Link]
東京都内地下水調査結果 [Link]
「東京都の地盤沈下と地下水の現況検証」について (東京都) [Link]

Leave a Reply